スポンサーリンク

日本女子大学附属中学校の偏差値と入試問題の傾向、合格最低点など、入試情報まとめ③

2018/03/14

こんにちは。

今回は、日本女子大学附属中学校の偏差値と入試問題の傾向、合格最低点など、入試情報についてまとめてみました。

JWU

 

今回の記事で紹介するのは…

■偏差値/試験

■入試問題の傾向

■塾別 合格実績

では、ご覧下さい。m(_ _)m

 

日本女子大学附属中学校・高等学校 繰り上げ合格 併願校 偏差値と倍率情報まとめ

スポンサーリンク

 

偏差値/試験

■偏差値(1回):53
■試験日:2/1
■試験科目:4科
■定員:90

■偏差値(2回):55
■試験日:2/3
■試験科目:4科
■定員:40

 

■合格最低点(1回) 2017

合計 国語 算数 理科 社会
満点 200 60 60 40 40
受験平均 116.7  34.4  34.9  23.6  23.7
合格平均 134.8  39.7  42.5  26.2  26.5
合格最高 163
合格最低 121

■合格最低点(2回) 2017

合計 国語 算数 理科 社会
満点 200 60 60 40 40
受験平均 102.4 29.3 26.9 22.1 24.1
合格平均 127.0 35.3 36.9 26.3 28.5
合格最高 153
合格最低 112

 

入試問題の傾向

■国語 入試傾向

・女子校の場合、国語は周りの受験生も高得点なので、油断しないようにして下さい。

・例年、出題形式が一定していません。傾向としては、長さの異なる読解問題が2題出されることが多いです。

・取り上げられる文章のジャンルは、説明文、物語文、随筆文と多岐にわたります。

スポンサーリンク

・様々な種類、長さの文章に対応できる読解力が不可欠です。

・3~4行程度で答えを書かせる、やや長めの記述問題が多く出題されます。

・記述問題の多くに「自分のことばで書きなさい」という指示がついています。

 

■算数 入試傾向

・大問1が計算問題、大問2が一行問題、大問3以降が小設問を持つ応用問題となっています。

・大問2の応用、一行問題が8問程度あります。ここでの得点が合否にも影響します。

・解答形式は、解答欄に答えだけを書くものがほとんどです。

・計算ミスをしてしまうと、解き方が合っていても0点となってしまいます。

・数量分野では単位換算、還元算、規則性に関する問題、場合の数などが頻出です。

・図形分野では、相似や展開図を考えさせるもの、点を移動させたり回転させたりするものなどが頻出です。

 

スポンサーリンク

■理科 入試傾向

・試験時間30分、問題数約30~35問なので、時間に余裕はありません。

・例年、植物のしくみと成長、天体とその動きに関して出題されます。

・実験や観察の問題も出題されます。

・解答形式は、記号選択が大半ですが、用語の記入や文章を記述する問題もあります。

・グラフや表の読み取り、グラフを作成する問題もあります。

・計算問題は、力とエネルギーの分野が頻出です。基礎的な問題が多いですが、慣れておきましょう。

・過去問で頻出されているテーマを確認し、幅広いテーマを学習する事が大切です。

 

■社会 入試傾向

・幅広い知識を問う問題が、総合問題として出題されます。

スポンサーリンク

・地理は、統計/グラフ/分布図の読図問題、各地方の地勢/気候/産業など。

・歴史は、総合問題の場合と、テーマを決めて問われる場合の2通りがあります。

・試験時間は30分、大問が5~7題、問題数は40問程度、試験時間に対して問題数が多いです。

・解答形式は選択問題が大半で、記述問題は少なめになっています。

・グラフを読み取る、算数の知識を使うような問題が多いです。

スポンサーリンク

・政治分野からの出題は少ないですが、時事的な問題が出題されることがあります。

 

 

※出題形式は今後変化する可能性があります。

 

塾別 合格実績

年度 2015年 2016年 2017年
日能研 61 50 55
SAPIX 31 34 24
四谷大塚 56 38 42
早稲田アカデミー 23 22 22
栄光ゼミナール 14 10 16
市進学院 10 5 8

 

以上、ご参考になれば幸いです。(^_^)/~~

アドセンス 自動サイズ auto→rectangle

スポンサーリンク

インターネット家庭教師 Netty

個別指導塾 スタンダード

-勉強法, 国語, 女子校, 学校 / 受験, 学校分類, 志望校選択, 理科, 社会, 神奈川県, 算数, 首都圏