スポンサーリンク

フェリス女学院中学校の偏差値と入試問題の傾向、合格最低点など、入試情報まとめ③

こんにちは。

今回は、フェリス女学院中学校の偏差値と入試問題の傾向、合格最低点など、入試情報についてまとめてみました。

Ferris

 

今回の記事で紹介するのは…

 

■偏差値/試験

■入試問題の傾向

■塾別 合格実績

 

では、ご覧下さい。m(_ _)m

スポンサーリンク

 

フェリス女学院中学校 繰り上げ合格日と合格最低点は? 塾別合格実績、偏差値と倍率まとめ

 

偏差値/試験

■偏差値:63
■試験日:2/1
■試験科目:4科
■定員:180

 

※合格者平均点、合格最低点は非公表

 

■ 受験者平均点 ■

年度 2015年 2016年 2017年
国語(配点100) 66 68 69
算数(配点100) 52 50 46
社会(配点60) 41 40 38
理科(配点60) 34 44 38

 

 

入試問題の傾向

■国語 入試傾向

スポンサーリンク

・例年、試験時間50分、長文読解4題の構成です。

・問題量が多いので、時間配分が重要です。180字程度の記述もあります。

・出題は、物語文が中心で、随筆文、説明文も見られます。

・知識問題は、漢字/文法問題が多いです。

・内容の説明や自分の意見を述べる、記述問題が比較的多く見られます。

・高度な読解力と表現力が求められます。

 

■算数 入試傾向

・例年、試験時間50分、大問5題で総問題数は15問前後となっています。

・大問1は、四則混合の複雑な計算問題と応用小問。

・計算問題の練習は必須です。

スポンサーリンク

・応用問題では、場合の数、図形の求積/求角、特殊算(旅人算)などが頻出です。

・解答形式は、途中式や作図も求められ、高度な思考力が要求されます。

・図形に関する出題が多く、重点的に対策が必要です。

 

■理科 入試傾向

・例年、試験時間30分、大問6題の構成です。

・設問数が非常に多いので、時間配分に注意が必要です。

・各分野から幅広く出題されます。

・解答形式は、記述式が多く、作図問題やグラフの作成もあります。

・知識、考察力、問題処理のスピードが必要です。

 

スポンサーリンク

■社会 入試傾向

・例年、試験時間30分、大問4題の構成です。

・地理と歴史を中心に、総合問題形式で出題されます。

・近年は、時事問題と融合した問題も目立っています。

・解答形式は、選択式と用語の記入が大半です。

・問題数が多く、読解力が求められる試験です。

スポンサーリンク

 

※出題形式は今後変化する可能性があります。

 

 

塾別 合格実績

年度 2015年 2016年 2017年
日能研 65 59 61
SAPIX 60 73 71
四谷大塚 33 27 36
早稲田アカデミー 29 17 22
栄光ゼミナール 3 3 2
市進学院 - - -

 

以上、ご参考になれば幸いです。(^_^)/~~

アドセンス 自動サイズ auto→rectangle

スポンサーリンク

インターネット家庭教師 Netty

個別指導塾 スタンダード

-勉強法, 国語, 女子校, 学校 / 受験, 学校分類, 志望校選択, 理科, 社会, 神奈川県, 算数, 首都圏