スポンサーリンク

明治大学付属明治中学校 (明大明治) の偏差値と入試問題の傾向、合格最低点など、入試情報まとめ③

2018/03/14

こんにちは。

今回は、明治大学付属明治中学校 (明大明治) の偏差値と入試問題の傾向、合格最低点など、入試情報についてまとめてみました。

Meiji_UNIV

 

今回の記事で紹介するのは…

 

■入試問題の傾向

■偏差値/試験

■合格最低点

 

では、ご覧下さい。m(_ _)m

 

明治大学付属明治中学校 (明大明治) 繰り上げ合格日と合格最低点は? 塾別合格実績、偏差値と倍率まとめ

 

入試問題の傾向

■国語 入試傾向

スポンサーリンク

・例年、試験時間は50分、大問数は2~3問となっています。

・配点は100点です。

・頻出分野は、 読解1~2題、ことばの知識問題1~2題など。

・近年は、論説/説明文からの出題が続いています。

・長めの読解問題が1題、漢字が1題という構成が多くなっています。

・読解問題は、7000~8000字程度と長めの文章量となっています。

・解答形式は、選択、書き抜きに加えて、記述問題が多くなっています。

・文中からキーワードを探し、自分の言葉で記述させる問題が出題されます。

 

■算数 入試傾向

・例年、試験時間は50分、大問数は5問前後となっています。

・配点は100点です。

・頻出分野は、還元算、求積、相似比、過不足算、旅人算、場合の数など。

・大問5題、総設問数は15問前後となっています。

・大問1が計算問題と小問集合、大問2以降は応用問題という構成です。

スポンサーリンク

・1問あたりの配点が、7~8点と大きくなっています。

・解答形式は、大問1の計算問題は答えだけの記入です。

・大問2以降は、ほとんどが途中式や考え方を記入する記述式です。

・記述では、完答しなければ正解にならない問題も出されます。

・受験者平均点と合格者平均点には、約20点の差が開いています。

 

■理科 入試傾向

・例年、試験時間は40分、大問数は6~7問となっています。

・配点は75点です。

・頻出分野は、植物のしくみと成長、気体/水溶液の性質、電気、地層、ばねなど。

・大問数が6~7題と多く、難度も高くなっています。

・大問1題につき小設問が4~5問あり、総問題数も多い傾向です。

・解答形式は、記号選択が中心の出題となっています。

・毎年、受験者平均と合格者平均の差が大きい試験です。

・年度によって、平均点に10点以上の差がつくこともあります。

スポンサーリンク

 

■社会 入試傾向

・例年、試験時間は40分、大問数は3~4問となっています。

・配点は75点です。

・頻出分野は、資料問題、時事問題、記述問題など。

・近年、大問数は3~4題、総問題数は40~60問で推移しています。

・出題構成は、各分野の総合問題と時事/環境問題となっています。

・解答形式は、記号選択と適語の記入が中心です。

・毎年、1~3題程度の記述問題が出題されています。

・データを読み取って答える、難度の高い記述問題が出されています。

・時事問題や環境問題がよく出題されます。

・時事問題では、かなり細かい知識が問われます。

 

※出題形式は今後変化する可能性があります。

 

偏差値/試験

スポンサーリンク

■偏差値(1回):男60 / 女63
■試験日:2/2
■試験科目:4科
■定員:男女90

 

■偏差値(2回):男60 / 女62
■試験日:2/3
■試験科目:4科
■定員:男女60

 

 

合格最低点

■2017年度 (1回)

男子192 / 女子207 (4科350点満点)

 

スポンサーリンク

■2017年度 (2回)

男子189 / 女子196 (4科350点満点)

 

※合格最低点、入試倍率など、詳細情報はこちら。

 

以上、ご参考になれば幸いです。(^_^)/~~

 

明治大学付属明治中学校 (明大明治) の評判は? 偏差値と併願パターンなど、入試情報まとめ②

アドセンス 自動サイズ auto→rectangle

スポンサーリンク

インターネット家庭教師 Netty

個別指導塾 スタンダード

-共学校, 勉強法, 国語, 学校 / 受験, 学校分類, 志望校選択, 東京都, 理科, 社会, 算数, 過去問, 首都圏