スポンサーリンク

お茶の水女子大学附属中学校 (お茶中/お茶大付属中) の偏差値と入試問題の傾向、合格最低点など、入試情報まとめ③

2018/03/15

こんにちは。

今回は、お茶の水女子大学附属中学校 (お茶中/お茶大付属中) の偏差値と入試問題の傾向、合格最低点など、入試情報についてまとめてみました。

ocya

 

今回の記事で紹介するのは…

 

■入試問題の傾向

■偏差値/試験

■合格最低点

 

では、ご覧下さい。m(_ _)m

 

お茶の水女子大学附属中学校 (お茶中/お茶大付属中) 繰り上げ合格日と合格最低点は? 塾別合格実績、偏差値と倍率まとめ

スポンサーリンク

 

入試問題の傾向

■国語 入試傾向

・試験時間は30分、大問数は3問となっています。

・配点は100点です。

・放送問題が1題、論説文が1題、詩/随筆などが1題という構成です。

・放送を聞いて解答する、聞き取り問題が出題されます。

・解答形式は記号選択/書き抜きが中心となっています。

・知識問題では、漢字も出題されます。

・約10~30字の記述問題も出題されています。

・自分の考えや要点のまとめなど、文章を書くことに慣れておく必要があります。

 

 

■算数 入試傾向

スポンサーリンク

・試験時間は30分、大問数は5問となっています。

・配点は100点です。

・前半は計算問題と小問集合、後半は応用問題が出題されます。

・応用問題は、平面図形や特殊算が頻出です。

・図形の比重が高く、理科/家庭科/図工など、他教科の知識が求められることもあります。

・図形問題は、コンパスを用いた作図、定規を使って面積を求める問題など。

・学校までの経路をテーマにした問題が出されたこともあります。

・基本的な知識と、高度な思考力/推理力が求められる試験です。

 

 

■理科 入試傾向

・試験時間は20分、大問数は3~4問となっています。

・配点は50点です。

・生物/化学/物理/地学の各分野からまんべんなく出題されます。

スポンサーリンク

・一つの単元に限らず総合問題となっている傾向があります。

・日常的なことがらやユニークな実験/観察を扱っています。

・図の読み取り問題が多く、読み取り力が必要となります。

・記述/作図問題も出題されています。

・基本的な知識に加えて、科学的な思考力が求められます。

 

 

■社会 入試傾向

・試験時間は20分、大問数は5~6問となっています。

・配点は50点です。

・歴史/地理/公民、各分野からの総合問題が多くなっています。

・地図/表/グラフなどの資料を用いた問題が多く出されています。

・時事問題(新しい制度、国際会議など)も出題されます。

スポンサーリンク

・解答形式は、記号選択が中心ですが、適語記入や説明記述も出題されます。

・知識よりも思考力を重視する構成となっています。

 

 

※出題形式は今後変化する可能性があります。

 

偏差値/試験

試験 偏差値 試験日 科目 定員
一般 男45/女64 2/3 4科 男15/女30
帰国子女 - 2/6 - 男女15
スポンサーリンク

 

 

合格最低点

※下記、サイトを参照下さい。

 

実質倍率、繰り上げ合格など詳細情報はこちら

 

以上、ご参考になれば幸いです。(^_^)/~~

お茶の水女子大学附属中学校 (お茶中/お茶大付属中) の評判は? 偏差値と併願パターンなど、入試情報まとめ②

アドセンス 自動サイズ auto→rectangle

スポンサーリンク

インターネット家庭教師 Netty

個別指導塾 スタンダード

-共学校, 勉強法, 国立 / 公立, 国語, 学校 / 受験, 学校分類, 志望校選択, 東京都, 理科, 社会, 算数, 過去問, 首都圏