スポンサーリンク

東京学芸大学附属国際中等教育学校(ISS)の偏差値と入試問題の傾向、合格最低点など、入試情報まとめ③

2018/03/16

こんにちは。

東京学芸大学附属国際中等教育学校(ISS)の偏差値と入試問題の傾向、合格最低点など、入試情報についてまとめてみました。

Gakugei_kokusai

 

今回の記事で紹介するのは…

 

■入試問題の傾向

■偏差値/試験

■合格最低点

 

では、ご覧下さい。m(_ _)m

 

東京学芸大学附属国際中等教育学校 (ISS) 繰り上げ合格日と合格最低点は? 塾別合格実績、偏差値と倍率まとめ

 

 

入試問題の傾向

■書類審査

・志願理由書、報告書(成績証明書)、活動実績申告書の3つで審査されます。

 

スポンサーリンク

■志願理由書

・目的意識や意欲を審査します。

・将来の夢/進路は、どのように考えているのか?

・それを実現するために、中高6年間をどのように過ごそうと考えているか?

・国際的にどのように活躍したいか?

・具体的/論理的に記述することが必要です。

 

■報告書(成績証明書)

・小学校の学業成績が評価されます。

・学業成績は、日々の努力が反映されます。

・宿題を忘れずにやるなど、日頃の授業態度が非常に大切です。

・学校のテストで良い点を取ることでも学業成績が上がります。

・苦手科目を作らず、全科目いい点を取るように心がけましょう。

 

■活動実績申告書

・どのような活動をし、何を習得してきたのかを審査します。

・活動実績申告書には、英検などの資格を書くことができます。

スポンサーリンク

・英検などの資格は、早めに対策/取得しておきましょう。

 

 

■適性検査 + 作文

・適性検査と作文だけの入試です。4科目の試験ではありません。

・適性検査では、知識/読解力/思考力が総合的に求められます。

・作文は外国語と日本語の2つで記述します。

・自分の考えを論理的に表現する必要があります。

 

■A方式 入試傾向

・書類審査:配点100点

・外国語作文:試験時間45分、配点85点

・基礎日本語作文:試験時間30分、配点15点

・面接:配点50点

・外国語の言語は、英語/フランス語/ドイツ語/スペイン語/中国語/韓国(朝鮮)語です。

・豊かな発想ができているか、自分の考えを論理立てて説明できているかを審査します。

・基礎日本語作文は、経験や知識をもとに、正しく表現できるかを審査します。

 

スポンサーリンク

■B方式 入試傾向

・書類審査:配点100点

・適性検査Ⅰ:試験時間45分、配点50点

・適性検査Ⅱ:試験時間45分、配点50点

・面接:配点50点

・適性検査Ⅰは大問2題の構成です。

・自然環境に関する問題が出題されます。

・様々な視点から考えるような問題となっています。

・自然環境に関する知識を、重点的に身につけておきましょう。

・適性検査Ⅱは大問1題の構成です。

・社会問題に関する資料から、自分の考えを表現する問題です。

・問題を見つける力と問題を解決する力を審査します。

・日頃から様々なことに疑問を持ち、自分なりの考えをまとめる練習をしましょう。

 

 

■面接

・面接は、受験生のみの集団面接です。

スポンサーリンク

・原則として日本語で行われます。

・評価のポイントは、以下の3点となっています。

・目的意識や意欲。

・コミュニケーション能力。

・知と心のバランス。

 

 

※出題形式は今後変化する可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

偏差値/試験

試験 偏差値 試験日 科目 定員
入学検査 男56/女56 2/3 A/B 男女60

 

 

合格最低点

※下記、サイトを参照下さい。

 

実質倍率、繰り上げ合格など詳細情報はこちら

 

 

以上、ご参考になれば幸いです。(^_^)/~~

東京学芸大学附属国際中等教育学校(ISS)の評判は? 偏差値と併願パターンなど、入試情報まとめ②

アドセンス 自動サイズ auto→rectangle

スポンサーリンク

インターネット家庭教師 Netty

個別指導塾 スタンダード

-共学校, 勉強法, 国立 / 公立, 国語, 学校 / 受験, 学校分類, 志望校選択, 東京都, 理科, 社会, 算数, 過去問, 首都圏