スポンサーリンク

帝京大学中学校の偏差値と入試問題の傾向、合格最低点など、入試情報まとめ③

2018/03/16

こんにちは。

帝京大学中学校の偏差値と入試問題の傾向、合格最低点など、入試情報についてまとめてみました。

Teikyo_UNIV

 

今回の記事で紹介するのは…

 

■入試問題の傾向

■偏差値/試験

■合格最低点

 

では、ご覧下さい。m(_ _)m

 

帝京大学中学校 繰り上げ合格日と合格最低点は? 塾別合格実績、偏差値と倍率まとめ

 

 

入試問題の傾向

スポンサーリンク

■国語 入試傾向

・試験時間は50分、大問数は4題です。

・配点は100点となっています。

・解答形式は、記号選択と記述問題がバランスよく出されています。

・50~60字程度の記述問題が出題されます。

・読解問題は、論説文/随筆文/物語文の中から2題が出題されます。

・文脈把握、心情把握など、基本的な読解力が求められます。

・文章自体は、難しくなく読みやすいので、基本をしっかりと押さえましょう。

・知識問題は、漢字の書き取り/画数、俳句などが出題されています。

 

 

■算数 入試傾向

・試験時間は50分、大問数は5題です。

・配点は100点となっています。

・総問題数は20問程度、基本問題が中心の構成です。

スポンサーリンク

・解答形式は、解答欄に答えのみを記入する形式です。

・大問1は計算問題4題、大問2は応用小問8題が出題されました。

・大問3以降が応用問題という構成です。

・計算問題は、基本的な計算力が求められます。

・頻出分野は、場合の数、速さ、規則性、図形など。

・図形問題(角度/長さ/求積)では、やや難しい問題も出題されています。

・毎年、出題傾向に大きな変化は見られません。過去問を中心に対策しましょう。

 

 

■理科 入試傾向

・試験時間は30分、大問数は4題です。

・配点は50点となっています。

・生物/化学/物理/地学、各分野からまんべんなく出題されます。

・総問題数は25問程度、基本問題が中心の構成です。

・解答形式は、記号選択と一問一答式がほとんどです。

・計算/記述問題、作図(グラフ)問題も出題されています。

スポンサーリンク

・実験/観察の過程や結果をもとにした問題が頻出です。

・基礎知識と思考力を試す試験となっています。

・試験時間に対して問題数が多く、時間配分に注意が必要です。

 

 

■社会 入試傾向

・試験時間は30分、大問数は4題です。

・配点は50点となっています。

・歴史/地理/公民の各分野から、均等に出題されています。

・総問題数35問程度、基本問題が中心の構成です。

・解答形式は、記号選択、一問一答式がほとんどです。

・理由を説明する記述問題も出題されています。

・歴史はテーマ/時代別に、幅広い問題が出されています。

・地理は環境問題や時事問題など。

・公民は身近な出来事/最近の出来事の総合問題など。

スポンサーリンク

・試験時間に対して問題数が多く、時間配分に注意が必要です。

・人名/地名/用語などは漢字で書けるようにしましょう。

 

 

※出題形式は今後変化する可能性があります。

 

 

偏差値/試験

試験 偏差値 試験日 科目 定員
1回 男50/女50 02/01 2科/4科 男女40
2回 男49/女49 02/02 2科/4科 男女40
3回 男53/女53 2/3P 2科 男女30
スポンサーリンク

 

 

合格最低点

※下記、サイトを参照下さい。

 

実質倍率、繰り上げ合格など詳細情報はこちら

 

 

以上、ご参考になれば幸いです。(^_^)/~~

帝京大学中学校の評判は? 偏差値と併願パターンなど、入試情報まとめ②

アドセンス 自動サイズ auto→rectangle

スポンサーリンク

インターネット家庭教師 Netty

個別指導塾 スタンダード

-共学校, 勉強法, 国語, 学校 / 受験, 学校分類, 志望校選択, 東京都, 理科, 社会, 算数, 過去問, 首都圏