スポンサーリンク

成蹊中学校の偏差値と入試問題の傾向、合格最低点など、入試情報まとめ③

2018/03/16

こんにちは。

成蹊中学校の偏差値と入試問題の傾向、合格最低点など、入試情報についてまとめてみました。

seikei

 

今回の記事で紹介するのは…

 

■入試問題の傾向

■偏差値/試験

■合格最低点

 

では、ご覧下さい。m(_ _)m

 

成蹊中学校 繰り上げ合格日と合格最低点は? 塾別合格実績、偏差値と倍率まとめ

 

 

入試問題の傾向

■国語 入試傾向

スポンサーリンク

・試験時間は50分、大問数は2~3題です。

・配点は100点となっています。

・読解問題2題と知識問題1題の出題構成です。

・長文読解は、説明/論説文と小説/物語文という組み合わせです。

・随筆文が出されることもあります。詩や短歌などは出題されません。

・文章量は、1題3000字前後、合計6000字前後となっています。

・知識問題は、漢字の書き取りなど。毎年、5問程度出題されています。

・語句の知識に関する問題は、ほとんど出題されません。

・大問1題につき小問数は8程度。解答形式の大半は記述です。

・100字程度の本格的な記述も出題されています(登場人物の心情の読み取りなど)。

・かなり難易度の高い問題が出されており、読解力、文章表現力が求められます。

 

 

■算数 入試傾向

・試験時間は50分、大問数は6題です。

・配点は100点となっています。

スポンサーリンク

・頻出分野は、図形(点の移動、展開図、面積/体積)、速さ、グラフ、割合など。

・試験構成(大問数など)は、毎年ほとんど同じです。

大問1は計算問題、大問2は小問集合、大問3以降が応用問題という構成です。

・応用問題は、図形/点の移動、グラフ、水槽などが頻出です。

・毎年、図形問題は2~3問出されています。食塩水の濃度問題も頻出です。

・場合の数、規則性などは、あまり出題されていません。

・手間がかかる問題、構成が複雑な問題などが多くなっています。

・計算問題は、分数/少数/括弧の混ざったものが多く出されています。

・試験時間に対して問題数が多く、時間配分に注意が必要です。

 

 

■理科 入試傾向

・試験時間は30分、大問数は4題です。

・配点は50点となっています。

・生物/化学/物理/地学、各分野から1題ずつ出題されています。

・大問4題、総問題数25問前後の構成です。

・生物分野は、植物と動物のつくりなど。

スポンサーリンク

・化学分野は、気体/水溶液、金属の性質など。

・物理分野は、力のつり合い(てこ、振り子、りん軸)など。

・地学分野は、天体(月/太陽/星)の動き、天気と気温/湿度の変化など。

・解答形式は、ほとんどが用語や数値の記入となっています。

・1行程度の記述問題、図を用いて答える問題も出題されています。

・実験問題、基礎知識に関する問題が頻出です。

 

 

■社会 入試傾向

・試験時間は30分、大問数は2題です。

・配点は50点となっています。

・頻出分野は、明治以降の近代史、公民分野の総合問題など。

・大問2題、総問題数は12問前後の構成となっています。

・文章/資料を読み取り、解答する記述問題が頻出です。

・出題内容は、近代史(明治以降)に偏っています。

・外交史、江戸末期についても出題されることがあります。

スポンサーリンク

・地理が大問として出題されることはありません。

・地理の知識がないと解けない問題は出されています。

・資料を読み取る力、記述力が求められる試験となっています。

 

 

※出題形式は今後変化する可能性があります。

 

 

偏差値/試験

試験 偏差値 試験日 科目 定員
国際 - 1/8 3科 男女10
1回 男49/女50 2/1 4科 男50/女35
2回 男56/女57 2/4 4科 男25/女20
スポンサーリンク

 

 

合格最低点

※下記、サイトを参照下さい。

 

実質倍率、繰り上げ合格など詳細情報はこちら

 

 

以上、ご参考になれば幸いです。(^_^)/~~

成蹊中学校の評判は? 偏差値と併願パターンなど、入試情報まとめ②

アドセンス 自動サイズ auto→rectangle

スポンサーリンク

インターネット家庭教師 Netty

個別指導塾 スタンダード

-共学校, 勉強法, 国語, 学校 / 受験, 学校分類, 志望校選択, 東京都, 理科, 社会, 算数, 過去問, 首都圏