スポンサーリンク

昭和学院秀英中学校の偏差値と入試問題の傾向、合格最低点など、入試情報まとめ③

こんにちは。

昭和学院秀英中学校の偏差値と入試問題の傾向、合格最低点など、入試情報についてまとめてみました。

Shuei

 

今回の記事で紹介するのは…

 

■入試問題の傾向

■偏差値/試験

■合格最低点

 

では、ご覧下さい。m(_ _)m

 

昭和学院秀英中学校 (昭和秀英) 繰り上げ合格日と合格最低点は? 塾別合格実績、偏差値と倍率まとめ

 

スポンサーリンク

 

入試問題の傾向

■国語 入試傾向

・試験時間は50分、大問数は2題です。

・配点は100点となっています。

・知識問題は、ことばの知識、漢字の読み書き、慣用句など。

・読解問題の文章の長さは標準的、物語文と論説文が頻出です。

・文脈の把握、筆者や人物の考えを理解できているかが問われます。

・読みやすい文章ですが、高度な読解力が求められます。

・解答形式は、記号選択、書き抜き、記述など。

 

 

■算数 入試傾向

・試験時間は50分、大問数は4~5題です。

・配点は100点となっています。

スポンサーリンク

・頻出分野は、集合、場合の数、平面/立体図形、面積、還元算など。

・計算問題と一行問題が、4問前後出題されています。

・問題数は少なめとなっており、図形問題が多く出題されています。

・入試日程ごとの試験レベルは、ほぼ同じとなっています。

・途中式や考え方の記述が必要な問題も出されます。

・年度により、合格者平均点は5割~7割と差が大きい傾向です。

 

 

■理科 入試傾向

・試験時間は40分、大問数は3題です。

・配点は50点となっています。

・頻出分野は、生物と環境、物質とエネルギーなど。

・2つの分野から、まんべんなく出題されています。

・生物と環境分野からは、植物/動物のしくみと成長、からだのしくみとはたらき、環境問題など。

スポンサーリンク

・物質とエネルギー分野からは、物質の性質、運動とエネルギーなど。

・例年、大問3題構成です。総問題数は30問程度となっています。

・問題の難度は、基本的なレベルから発展的なレベルまで、幅広く出題されます。

・過去問、演習問題を繰り返し解きましょう。

 

 

■社会 入試傾向

・試験時間は40分、大問数は5~8題です。

・配点は50点となっています。

・総問題数は、40~50問前後と多くなっています。

・歴史/地理/公民の各分野から、幅広く出題されています。

・歴史分野は、人物/産業などに関連する出来事についてなど。

・地理分野は、日本の特定の地方についてなど。

・公民分野は、憲法に関連する問題など。

スポンサーリンク

・難易度の高い問題はあまり出題されていません。

・解答形式は、記号選択と適語記入が中心です。記述問題も出題されます。

・試験時間に対して問題数が多く、時間配分に注意が必要です。

 

 

偏差値/試験

試験 偏差値 試験日 科目 定員
第1志望 - 12/01 4科 男女25
第2回 男60/女60 01/22 4科 男女100
第3回 男58/女58 02/04 4科 男女15

※1/20:午後特別入試(算/国) 男女20名

 

スポンサーリンク

 

合格最低点

※下記、サイトを参照下さい。

 

実質倍率、繰り上げ合格など詳細情報はこちら

 

 

以上、ご参考になれば幸いです。(^_^)/~~

昭和学院秀英中学校の評判は? 偏差値と併願パターンなど、入試情報まとめ②

アドセンス 自動サイズ auto→rectangle

スポンサーリンク

インターネット家庭教師 Netty

個別指導塾 スタンダード

-共学校, 勉強法, 千葉県, 国語, 学校 / 受験, 学校分類, 志望校選択, 理科, 社会, 算数, 過去問, 首都圏