スポンサーリンク

中学受験 記述式問題と適性検査

2017/06/10

中学受験 記述式問題と適性検査

 

jyuken12

スポンサーリンク

 

記述式の問題といって、パッと思い付くのは、公立中高一貫校の適性検査ではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

最近は、私立中高一貫校でも、基礎知識を問う問題、一問一答形式から、徐々に記述式の問題が増えているようです。

 

単純な知識のみではなく、なぜそうなるのか?なぜそう考えるのか?を説明させるような問題です。

 

スポンサーリンク

問題文自体が、かなりの長文だったり、表やグラフの読み取りなど、知識(暗記)で回答するものでなく、与えられた条件から、その場で答えを導きだす(ひねり出す?)ようなものが多く見られます。

 

だからと言って、公立一貫校を目指すから、私立一貫校向けの受験勉強が不要かというと、そんなことはないと思います。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

私立向けの受験勉強で身に付ける知識は、中学生になってからも必要なものですし、公立を受験する場合にも有効です。

 

むしろ、知識の部分が十分でなければ、要点はなにか?なにを聞かれているのか?など、設問自体を理解しきれず、記述形式の問題には対応が難しいと思われます。

アドセンス 自動サイズ auto→rectangle

スポンサーリンク

インターネット家庭教師 Netty

個別指導塾 スタンダード

-勉強法, 国立 / 公立, 学校 / 受験, 志望校選択