スポンサーリンク

浦和明の星女子中学校の偏差値と入試問題の傾向、合格最低点など、入試情報まとめ③

こんにちは。

今回は、浦和明の星女子中学校の偏差値と入試問題の傾向、合格最低点など、入試情報についてまとめてみました。

Urawa_Akenohoshi

 

今回の記事で紹介するのは…

■偏差値/試験

■入試問題の傾向

■塾別 合格実績

では、ご覧下さい。m(_ _)m

 

浦和明の星女子中学校 繰り上げ合格日と合格最低点は? 塾別合格実績、偏差値と倍率まとめ

スポンサーリンク

 

偏差値/試験

■偏差値(1回):64
■試験日:1/14
■試験科目:4科
■定員:120

■合格最低点(1回)

年度 2015年 2016年 2017年
満点 300 300 300
合格者平均点 217.8 224.2 228.1
合格者最低点 196 197 207
受験者平均点 193.5 195.1 205.0

 

■偏差値(2回):60
■試験日:2/4
■試験科目:4科
■定員:40

■合格最低点(2回)

年度 2015年 2016年 2017年
満点 300 300 300
合格者平均点 212.1 215.0 214.0
合格者最低点 205 204 203
受験者平均点 181.2 177.6 180.6

 

入試問題の傾向

■国語 入試傾向

・受験者層のレベルが高いため、高得点勝負となり、国語は点数に差がつきにくいです。

・年度によって、難易度が大幅に変動するので、出題傾向の変化には注意が必要です。

スポンサーリンク

・出題構成は、読解問題が2題、様々な文章が出題されますが、詩などの韻文が頻出です。

・最近は、漢字/知識問題は減少傾向です。漢字は5問前後、知識問題も2~3問の出題となっています。

・例年、100字程度の長めの記述問題が1問出されます。第1回の試験は120字以内、第2回は制限なしです。

 

■算数 入試傾向

・受験者層のレベルが高く、合格者平均点は60~70点となっています。

・年度によって、受験者の平均点にバラつきが見られます。

・試験時間50分、大問5~6題という出題構成です。

・例年、大問1は計算問題と応用小問、大問2以降は応用問題となります。

・大問1から、難度の高い問題、単純な典型題とは違った問題も出題されます。

・難問奇問はほとんど出題されず、基本的な問題が中心です。

スポンサーリンク

 

■理科 入試傾向

・理社合わせて試験時間50分、合格ラインはやや低めです。

・合格者と受験者の平均点に差があまりなく、差のつきにくい試験です。

・例年、記述問題は出題されません。記号選択問題と適語の記入がほとんどです。

・記号選択は、選択肢の数が多い問題や、「2つ選びなさい」といった問題が多くなっています。

・出題分野は、4分野から大問1題ずつというパターンです。

・物理の出題が重視される傾向にあり、地学は出題されない年もあります。

・近年は、物理分野から難しい問題が出題される傾向が見られます。

 

スポンサーリンク

■社会 入試傾向

・理科と合わせて試験時間50分、大問2~3題、総設問40問程度です。

・解答形式は選択問題が中心ですが、適語記入(漢字)も出されます。近年、記述問題はありません。

・地理/歴史/公民の3分野から、バランス良く出題されています。

・基本レベルの問題が中心となっているため、毎年、高得点勝負となります。

・歴史は、産業史/文化史など、テーマに絞った出題がよく見られます。

スポンサーリンク

・ある程度の読解力が必要な問題も出題されます。過去問などで練習しておくのがポイントです。

 

※出題形式は今後変化する可能性があります。

 

塾別 合格実績

年度 2015年 2016年 2017年
日能研 239 224 226
SAPIX 379 459 432
四谷大塚 250 219 274
早稲田アカデミー 196 198 253
栄光ゼミナール 39 47 44
市進学院 39 44 37

 

以上、ご参考になれば幸いです。(^_^)/~~

アドセンス 自動サイズ auto→rectangle

スポンサーリンク

インターネット家庭教師 Netty

個別指導塾 スタンダード

-勉強法, 国語, 埼玉県, 女子校, 学校 / 受験, 学校分類, 志望校選択, 理科, 社会, 算数, 首都圏