スポンサーリンク

横浜市立南高等学校附属中学校の評判は? 偏差値と併願パターンなど、入試情報まとめ②

2018/03/17

こんにちは。

横浜市立南高等学校附属中学校の評判は? 偏差値と併願パターンなど、入試情報についてまとめてみました。

Minami

 

今回の記事で紹介するのは…

 

■横浜市立南高附属中の評判

■偏差値/試験

■併願校候補

 

では、ご覧下さい。m(_ _)m

 

横浜市立南高等学校附属中学校 (南高) 繰り上げ合格日と合格最低点は? 塾別合格実績、偏差値と倍率まとめ

スポンサーリンク

 

 

横浜市立南高附属中の評判

・2012年、横浜市立南高校に併設する、市内初の公立中高一貫教育校として新設。

・教育理念は「知性、自主自立、創造」。

・学びへの飽くなき探求心を持つ人材、自ら考え、自ら行動する力、未来を切り拓く力を育成します。

・国際社会で活躍するリーダーの育成を目指します。

 

・2学期制、50分授業、週33時間。土曜日は2回/月の土曜講座、補習、行事などを行います。

・アクティブラーニング型の授業を通して、思考力/判断力/表現力を育成します。

・英語/数学/国語は毎日授業を行います。英語/数学/理科は少人数授業。

・基礎/基本の確実な定着とともに発展的な学習も取り入れています。

・「私の週プラン」を使って自宅学習(予習/復習)の習慣を身につけます。

スポンサーリンク

 

・クラブ活動は、月/水/金曜日を基準に活動しています。

・運動部は9部、ソフトテニス、バレーボール、陸上競技、サッカー、野球、ハンドボールなど。

・文化部は6部、演劇、弦楽、茶道など。

 

・南高祭は体育祭の部(6月)、舞台/展示の部(9月)に分かれ、中高合同で実施しています。

・その他、英語集中研修、合唱コンクール(中高合同)、百人一首大会など。

 

・総合学習は、豊かなコミュニケーション力を育成する交流体験や研修があります。

・1年次はプロジェクトアドベンチャー、2年次はイングリッシュキャンプ、3年次はカナダ研修旅行を実施。

・EGGゼミ/講座は、レポート/新聞の書き方、インタビューや討議のスキルを学びます。3年次は「卒業研究」に取り組みます。

 

・複数回/年の保護者会と授業参観あり。

スポンサーリンク

・スクールカウンセラーは保護者の相談にも応じます。

・携帯電話は保護者の申請による許可制。校内では担任が預かります。

・緊急時など、保護者へメールを一斉配信する体制あり。

・学校独自の災害時対応マニュアル、非常時の備蓄品などが整っています。

・登校時間は8:30、下校は18:00です(10月~3月の下校は17:30)。朝読書(10分間)あり。

・原則として弁当、食堂や購買部も利用可です。

 

・〒233-0011 神奈川県横浜市港南区東永谷2-1-1

・京浜急行/市営地下鉄ブルーライン上大岡駅/港南中央駅からバス、南高校前下車。

・市営地下鉄ブルーライン上永谷駅下車、徒歩約15分。

 

 

偏差値/試験

試験 偏差値 試験日 科目 定員
適性検査 男56/女56 2/3 適性Ⅰ.Ⅱ 男80/女80
スポンサーリンク

■試験科目:適性Ⅰ / 適性Ⅱ(配点400)

■面接:なし

■報告書:小学校発行のもの

 

 

併願校候補

横浜市立南高等学校附属中学校の併願校候補は下記の通りです。
実際に横浜市立南高附属中の受験生が併願している学校になります。

 

スポンサーリンク

※下記、サイトを参照下さい。

併願校候補、実質倍率など詳細情報はこちら

 

 

以上、ご参考になれば幸いです。(^_^)/~~

 

横浜市立南高等学校附属中学校の偏差値と入試問題の傾向、合格最低点など、入試情報まとめ③

アドセンス 自動サイズ auto→rectangle

スポンサーリンク

インターネット家庭教師 Netty

個別指導塾 スタンダード

-共学校, 国立 / 公立, 学校 / 受験, 学校分類, 志望校選択, 神奈川県, 首都圏