スポンサーリンク

都立立川国際中等教育学校の評判は? 偏差値と併願パターンなど、入試情報まとめ②

2018/03/17

こんにちは。

都立立川国際中等教育学校の評判は? 偏差値と併願パターンなど、入試情報についてまとめてみました。

tachikawa-kokusai

 

今回の記事で紹介するのは…

 

■都立立川国際中の評判

■偏差値/試験

■併願校候補

 

では、ご覧下さい。m(_ _)m

スポンサーリンク

 

都立立川国際中等教育学校 (立川国際) 繰り上げ合格日と合格最低点は? 塾別合格実績、偏差値と倍率まとめ

 

 

都立立川国際中の評判

・2008年、多摩地区初の中等教育学校として開校。

・国際社会に貢献できるリーダーとなるために必要な学業を修め、人格を陶冶する。

・国際的視野に立った幅広い教養と国際社会で活躍できる判断力や行動力。

・自分の考えや意見を表現できる論理的思考力・表現力、コミュニケーション能力を養います。

・3学期制、50分授業、週32時間。土曜日の授業は20回/年程度です。

・英語/数学は習熟度別少人数制の授業で、きめ細かく指導しています。

・英語力を高める、英語合宿/発表会、米国エンパワーメントプログラムなど、行事も充実しています。

・クラブ活動は全員が参加、文武両道を実践しています。

スポンサーリンク

・運動部は12部、サッカー、バドミントン、バスケットボール、バレーボール(男子)、硬式テニス、陸上競技、軟式野球、ラクロスなど。

・文化部は9部、吹奏楽、合唱、英語、家庭科、科学、演劇、放送など。

・3大行事は、体育祭(5月)、文化祭(9月)、合唱祭(2月)。

・課外活動は、ホームルーム合宿(1年次)、英語合宿(2年次)、京都/奈良研修旅行(3年次)など。

・その他、英語発表会、職場体験、芸術鑑賞、イングリッシュサマーセミナー(希望者)など。

・3年次の春休み、米国エンパワーメントプログラム(希望者)あり。

・5年次に全員がオーストラリア研修に参加します。

・6年間を見通したキャリア教育を体系的に実施しています。

・前期課程は、土曜講座や職場体験を通して勤労観、職業観を深めています。

・1回/学期の保護者会、授業参観あり。

・海外大学進学のための選択教科あり。

スポンサーリンク

・上級救命講習、セーフティ教室、薬物乱用防止教室、宿泊防災訓練などを実施。

・登校時間は8:20、下校は18:00です。

・前期課程は1回/月の朝礼、8時20分から10分間の朝読書あり。

・携帯電話の持ち込みは、保護者の申請が必要。校内では担任が預かります。

・前期課程の給食は、本校施設で調理しています。

・〒190-0012 東京都立川市曙町3-29-37

・JR中央線立川駅、多摩都市モノレール立川北駅下車、徒歩18分。バス立川国際中等教育学校下車。

 

 

偏差値/試験

試験 偏差値 試験日 科目 定員
帰国 - 1/25 作文 男女30
一般 男53/女53 2/3 適性Ⅰ.Ⅱ 男65/女65

■試験科目 一般:適性検査Ⅰ/Ⅱ(配点各100)、海外枠:日本語または英語による作文

■面接:海外枠のみ

■報告書:小学校の発行のもの(配点200)

スポンサーリンク

■配点割合:適性Ⅰ=30% / 適性Ⅱ=50% / 報告書=20%

 

 

併願校候補

都立立川国際中等教育学校の併願校候補は下記の通りです。
実際に都立立川国際中の受験生が併願している学校になります。

 

スポンサーリンク

※下記、サイトを参照下さい。

併願校候補、実質倍率など詳細情報はこちら

 

 

以上、ご参考になれば幸いです。(^_^)/~~

 

都立立川国際中等教育学校の偏差値と入試問題の傾向、合格最低点など、入試情報まとめ③

アドセンス 自動サイズ auto→rectangle

スポンサーリンク

インターネット家庭教師 Netty

個別指導塾 スタンダード

-共学校, 国立 / 公立, 学校 / 受験, 学校分類, 志望校選択, 東京都, 首都圏