スポンサーリンク

桜蔭中学校の偏差値と入試問題の傾向、合格最低点など、入試情報まとめ③

2018/03/14

こんにちは。

今回は、桜蔭中学校の偏差値と入試問題の傾向、合格最低点など、入試情報についてまとめてみました。

Ouin

 

今回の記事で紹介するのは…

 

■偏差値/試験

■入試問題の傾向

■塾別 合格実績

 

では、ご覧下さい。m(_ _)m

 

桜蔭中学校 繰り上げ合格日と合格最低点は? 塾別合格実績、偏差値と倍率まとめ

スポンサーリンク

 

偏差値/試験

■偏差値:68
■試験日:2/1
■試験科目:4科
■定員:240

■合格最低点:非公表

 

 

入試問題の傾向

■国語 入試傾向

・例年、試験時間50分、大問数2題、配点100点となっています。

・随筆、小説、伝記、詩などが頻出です。

・記述問題中心で、知識問題はあまり出ません。ほぼ半分が記述式の問題です。

・知識問題は漢字、ことわざ/慣用句、助詞/助動詞の用法などが1~2問程度です。

・文学的表現の理解、登場人物の心情を読み取っていく、読解力が求められます。

・文章量が多いので、素早く要点を掴んでいく力が必要です。

スポンサーリンク

・記述問題は、字数制限のないものと、制限のあるもの(200字程度)が出題されます。

・長めの記述問題への対策が必須です。

 

■算数 入試傾向

・例年、試験時間50分、大問数5題、配点100点となっています。

・図形、速さ、数の性質、規則性、場合の数、旅人算、割合、つるかめ算、周期算などが頻出です。

・頻出分野を重点的に対策すれば、偏差値が足りていなくても可能性はあります。

・大問1で出される計算は、解きづらい問題です。丁寧に解いていく力が必須です。

・ほとんどの問題で、解答欄に考え方を記入する必要があります。

・考え方も採点の対象となっているようです。

・後半は、長めの文章題、時間がかかる問題が出されます。

・前半を素早く解くことが、合否を分けるポイントになります。

 

スポンサーリンク

■理科 入試傾向

・例年、試験時間30分、大問数4~5題、配点60点となっています。

・力のつり合い、天体の動き、水溶液の中和/濃度、気体の発生、もののとけ方などが頻出です。

・問題数が多く25題程度、計算問題なども多く含まれています。

・限られた試験時間の中で、効率良く問題を解いていくことが必要です。

・考える力を見る問題が中心です。難問奇問は出題されません。

・受験生のレベルを考えると、差がつきにくい高得点勝負の試験です。

・年度によっては、文章記述や新傾向の問題が出題されることもあります

・計算問題の失点が、合否に大きく影響します。

 

■社会 入試傾向

・例年、試験時間30分、大問数3~4題、配 60点となっています。

スポンサーリンク

・各地方の気候と工業/農業の特色、日本の貿易相手国などが頻出です。

・地理/歴史からの出題が多く、公民からの出題は比較的少ないです。

・試験時間に対し問題量が多く、時間配分に注意が必要です。小問数は40題前後です。

・問題文が1000字前後の長めのものが出されます。

・選択問題は選択肢の1つ1つが長く、読むだけでも精一杯になりがちです。

・地理は、様々な単元から幅広く出題されます。

・歴史は、あるテーマに沿った問題が出される傾向にあります。

スポンサーリンク

・選択問題は偶然では解けない、正確な知識が要求されます。

・歴史の史料/地図/図表/グラフなどを読み取る問題が毎年出題されています。

 

※出題形式は今後変化する可能性があります。

 

塾別 合格実績

年度 2015年 2016年 2017年
日能研 42 36 28
SAPIX 171 163 184
四谷大塚 58 53 52
早稲田アカデミー 58 50 56
栄光ゼミナール 6 8 15
市進学院 12 10 7

 

以上、ご参考になれば幸いです。(^_^)/~~

アドセンス 自動サイズ auto→rectangle

スポンサーリンク

インターネット家庭教師 Netty

個別指導塾 スタンダード

-勉強法, 国語, 女子校, 学校 / 受験, 学校分類, 志望校選択, 東京都, 理科, 社会, 算数, 首都圏