スポンサーリンク

横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校附属中学校 神奈川県の公立中高一貫校 入試概要まとめ

こんにちは。

今回は、横浜市立横浜サイエンスフロンティア(YSFH)高等学校附属中学校 神奈川県の公立中高一貫校の入試概要についてまとめています。

 

神奈川県内の公立中高一貫校は5校あります。

・県立相模原中等教育学校
・県立平塚中等教育学校
・横浜市立南高等学校附属中学校
・川崎市立川崎高等学校附属中学校
・横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校附属中学校

 

今回の記事でご紹介するのは…

 

■神奈川の公立中高一貫校

■横浜YSFH高校附属中概要

■入学者選抜(適性検査)

■選考方法・学区など

■横浜YSFH高校附属中まとめ

スポンサーリンク

 

では、ご覧下さい。m(_ _)m

 

※志望校別の対策はこちら↓

横浜市立横浜サイエンスフロンティア高校附属中学校・予想問題

 

 

神奈川の公立中高一貫校

学校名 開校年 募集地域 募集定員 検査の種類
県立相模原中等教育学校 2009年4月 県内全域 男80名/女80名 適性検査Ⅰ・Ⅱ・グループ活動
県立平塚中等教育学校 2009年4月 県内全域 男80名/女80名 適性検査Ⅰ・Ⅱ・グループ活動
横浜市立南高校附属中 2012年4月 横浜市内全域※学区外は定員の30%の範囲内 160名※男女各約80名 適性検査Ⅰ・Ⅱ
川崎市立川崎高校附属中 2014年4月 川崎市内全域 120名 適性検査Ⅰ・Ⅱ・面接
横浜市立横浜サイエンスフロンティア高校附属中 2017年4月 横浜市内全域 男40名/女40名 適性検査Ⅰ・Ⅱ

 

 

横浜YSFH高校附属中概要

教育理念

○学問を広く深く学ぼうとする精神と態度を培いながら、生徒一人ひとりが持つ潜在的な独創性を引き出す。

○日本の将来を支える論理的な思考力と鋭敏な感性をはぐくみ、先端的な科学の知識・智恵・技術、技能を活用して、世界で幅広く活躍する人間を育成する。

 

教育目標

(1)広い視野、高い視点、多面的な見方を身に付けさせ、ものごとに対する柔軟な思考力・解析力を培い、論理的頭脳を養う。

(2)旺盛な探究力、豊かな創造力、世界に通じるコミュニケーション能力、自立力を培うことによって、よりよく生きる智恵を養う。

スポンサーリンク

(3)社会における己の使命を自覚し、積極的に社会に貢献しようとする志を養う。

(4)人格を陶冶し、社会の形成者としての品格を養う。

(5)幅広い知識と教養を身に付け、豊かな情操と道徳心を培うとともに、健やかな心身を養う。

 

育てる生徒像

(1)「サイエンスの考え方」を身に付けた生徒

(2)豊かな社会性や人間性を身に付けた生徒

(3)次代を担うグローバルリーダーの素養を身に付けた生徒

 

学校概要

名 称 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校附属中学校
位 置 神奈川県横浜市鶴見区小野町6
開校年度 平成29年度
校 種 併設型公立中高一貫校※横浜サイエンスフロンティア高等学校へ進学する際、入学者選抜は行わない。
学校規模 960名(平成31年度より中学各学年2学級80名 / 平成32年度より高校各学年6学級240名)
学 期 3学期制

 

 

入学者選抜(適性検査)

・神奈川の公立中高一貫校は適性検査によって入学者を選抜します。

・検査日程は5校共通で、県内・県外を含む公立中高一貫校同士、また国立中学校との併願受験はできません。

・2019年度の検査日は2019年2月3日(日)、合格発表は同2月10日(日)に行われます。

・同じ公立中高一貫校であっても募集地域や募集人数などは学校によって異なります。

・適性検査の出題内容、適性検査以外に行う検査の種類や2段階選考の有無、使用する選考資料の配点なども異なります(県立2校の適性検査は共通)。

スポンサーリンク

・入学者決定に関する詳細な情報については、毎年秋に行われる各校の志願者説明会等で公表されます。

 

 

選考方法・学区など

■選考方法※2018年度

横浜サイエンスフロンティア高校附属中選考資料は調査書と適性検査、1次選考と2次選考で合格者を決定する。

 

【1次選考の方法】

S値の上位から男女各36名の合格者を決定

(A値)調査書:小学校5・6年生の8教科の評定を評定3→10点、評定2→5点、評定1→1点とし、計160点満点で点数化

(B値)適性検査Ⅰ・Ⅱ:各100点満点 計200点満点で点数化

 

A値とB値を1:3の割合で合計し、S値を算出する。

(S値)=A値÷160×100×1+B値÷200×100×3

 

スポンサーリンク

【2次選考の方法】

1次選考の合格者以外から男女別にB値上位順に各4名を選考

 

■学区

横浜市内全域

 

 

横浜YSFH高校附属中まとめ

スポンサーリンク

○国語・数学・理科・英語の授業時数を増やし、豊かな学びを進めます。

○中学校3年間で国語、数学140時間、英語105時間、理科35時間、標準時数より多く学びま。

○言語活動を中心とした授業を進めるため、教科の特性に応じ、授業を少人数などで行います。

○授業の先取りを行うのではなく、内容を深く掘り下げ、生徒の興味・関心を引き出す豊かな授業を進めます。

○探究力を育てることを目的にDEEP学習を行います。

○生徒の学習意欲や思考力、探究力を高めるために、ICTを有効に活用していきます。

 

以上、ご参考になれば幸いです。(^-^)/

アドセンス 自動サイズ auto→rectangle

スポンサーリンク

インターネット家庭教師 Netty

個別指導塾 スタンダード

-共学校, 国立 / 公立, 学校 / 受験, 学校分類, 志望校選択, 神奈川県, 首都圏