スポンサーリンク

横浜市立南高等学校附属中学校 神奈川県の公立中高一貫校 入試概要まとめ

こんにちは。

今回は、横浜市立南高等学校附属中学校 神奈川県の公立中高一貫校の入試概要についてまとめています。

Minami

 

神奈川県内の公立中高一貫校は5校あります。

・県立相模原中等教育学校
・県立平塚中等教育学校
・横浜市立南高等学校附属中学校
・川崎市立川崎高等学校附属中学校
・横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校附属中学校

 

今回の記事でご紹介するのは…

 

■神奈川の公立中高一貫校

■横浜市立南高校附属中概要

■入学者選抜(適性検査)

■選考方法・学区など

■横浜市立南高校附属中まとめ

スポンサーリンク

 

では、ご覧下さい。m(_ _)m

 

※志望校別の対策はこちら↓

【神奈川県立相模原中等教育学校・予想問題】

 

 

神奈川の公立中高一貫校

学校名 開校年 募集地域 募集定員 検査の種類
県立相模原中等教育学校 2009年4月 県内全域 男80名/女80名 適性検査Ⅰ・Ⅱ・グループ活動
県立平塚中等教育学校 2009年4月 県内全域 男80名/女80名 適性検査Ⅰ・Ⅱ・グループ活動
横浜市立南高校附属中 2012年4月 横浜市内全域※学区外は定員の30%の範囲内 160名※男女各約80名 適性検査Ⅰ・Ⅱ
川崎市立川崎高校附属中 2014年4月 川崎市内全域 120名 適性検査Ⅰ・Ⅱ・面接
横浜市立横浜サイエンスフロンティア高校附属中 2017年4月 横浜市内全域 男40名/女40名 適性検査Ⅰ・Ⅱ

 

 

横浜市立南高校附属中概要

教育理念

知性・自主自立・創造

 

教育目標

○学びへの飽くなき探究心を持つ人材の育成

○自ら考え、自ら行動する力の育成

○未来を切り拓く力の育成

スポンサーリンク

 

中期目標

○言語活動の充実を通して、思考力・判断力・表現力等を一層重視し、各教科等で目指す資質・能力の育成を図る。

○総合的な学習の時間“EGG”によって、「豊かなコミュニケーション能力」「論理的な思考力」「幅広い教養と社会性」「多様性を尊重する態度」等を育成し、将来を切り拓く力を育てる。

○中高教職員が6年間を見通して協働し、特色ある教育課程の編成・実施・評価・改善を行う。

 

目標設定の理由

○本校では、6年間の安定しかつ充実した教育環境の中で、一人ひとりの可能性を伸ばし、豊かな人間性と高い学力、国際社会で活躍する力の育成を目指している。

○中高一貫教育校として新学習指導要領を踏まえた教育課程編成に取り組む時期にある。

 

学校概要

名 称 横浜市立南高等学校附属中学校
位 置 神奈川県横浜市港南区東永谷2-1-1
開校年度 平成24年度
校 種 併設型公立中高一貫校※南高等学校へ進学する際、入学者選抜は行わない。
学校規模 1080名(中学各学年4学級160名 / 高校各学年5学級200名)
学 期 3学期制

 

 

入学者選抜(適性検査)

・神奈川の公立中高一貫校は適性検査によって入学者を選抜します。

・検査日程は5校共通で、県内・県外を含む公立中高一貫校同士、また国立中学校との併願受験はできません。

・2019年度の検査日は2019年2月3日(日)、合格発表は同2月10日(日)に行われます。

・同じ公立中高一貫校であっても募集地域や募集人数などは学校によって異なります。

スポンサーリンク

・適性検査の出題内容、適性検査以外に行う検査の種類や2段階選考の有無、使用する選考資料の配点なども異なります(県立2校の適性検査は共通)。

・入学者決定に関する詳細な情報については、毎年秋に行われる各校の志願者説明会等で公表されます。

 

 

選考方法・学区など

■選考方法※2018年度

横浜市立南高校附属中選考資料は調査書と適性検査、1次選考と2次選考で合格者を決定する。

 

【1次選考の方法】

S値の上位から男女各70名の合格者を決定

(A値)調査書:小学校5・6年生の8教科の評定を評定3→10点、評定2→5点、評定1→1点とし、計160点満点で点数化

(B値)適性検査Ⅰ・Ⅱ:各200点満点 計400点満点で点数化

 

A値とB値を1:3の割合で合計し、S値を算出する。

(S値)=A値÷160×100×1+B値÷400×100×3

スポンサーリンク

 

【2次選考の方法】

1次選考の合格者以外からB値上位順に男女まとめて20名を選考

 

■学区

横浜市内全域※学区外は募集定員の30%の範囲内

 

スポンサーリンク

 

横浜市立南高校附属中まとめ

横浜市立南高等学校附属中学校 (南高) 繰り上げ合格日と合格最低点は? 塾別合格実績、偏差値と倍率まとめ

 

横浜市立南高等学校附属中学校の評判は? 偏差値と併願パターンなど、入試情報まとめ②

 

横浜市立南高等学校附属中学校の偏差値と入試問題の傾向、合格最低点など、入試情報まとめ③

 

以上、ご参考になれば幸いです。(^-^)/

アドセンス 自動サイズ auto→rectangle

スポンサーリンク

インターネット家庭教師 Netty

個別指導塾 スタンダード

-共学校, 国立 / 公立, 学校 / 受験, 学校分類, 志望校選択, 神奈川県, 首都圏